mizkog-logo

Web制作の備忘録

HomeZenn

関数のGenerics

関数Genericsの構文

以下のように記述する。

function foo<T>(arg: T) {
  return { value: arg };
}


関数Genericsの使い方

以下のように記述する。

function foo<T>(arg: T) {
  return { value: arg };
}

const foo1 = foo<number[]>([1, 2]);


アロー関数での記述方法

以下のように引数の()の前にGenericsを記述する。

const foo = <T>(arg: T) => {
  return { value: arg };
}

const foo1 = foo<number[]>([1, 2]);


暗黙的な型解決について

関数のGenericsは暗黙的に型が解決される仕組みがある。 以下のように<string>のようにしなくても引数の型を推論して、暗黙的に型を決定してくれる。

const foo = <T>(arg: T) => {
  return { value: arg };
}

const foo1 = foo("");
// value: string;
const foo2 = foo(1);
// value: number;
const foo3 = foo(false);
// value: number;

このおかげで関数でGenericsを使用したとしても、使う側が毎回型指定をしなくて良くなるので、 非常に便利な機能。

どういう時に型引数を使うのか

Nuuableかもしれない場合

Nuuableかもしれない場合に以下のように型引数にnullを入れて対応する。 ※Nullable:Nullになりうる値

const foo = <T>(arg: T) => {
  return { value: arg };
}

const foo1 = foo<string | null>("");
// value: string | null;

Nullableに限らずUnion Types等で後から引数に何が入ってくるかわからない場合に、 型引数を使用することが多い。

関数Genericsのextendsによる型制約

関数Genericsの型引数に制約を加えたい時にextendsによる型制約を用いる。

const foo = <T extends string>(arg: T) => {
  return { value: arg };
}

const foo1 = foo<string>("");
const foo2 = foo(1); // 型 'number' の引数を型 'string' のパラメーターに割り当てることはできません。

関数Genericsのextendsによる型制約は重要なもので、しっかりと理解しておく。

なぜ関数Genericsのextendsによる型制約は重要なのか

argはある程度型を特定させるために必要で、もしextendsによる型制約が無かったら、 argが中でどのような型になっているかが分からなくなってしまう。

const foo = <T>(arg: T) => {

  // argが中でどのような型になっているかが分からない

  return { value: arg };
}

そのため、型制約がないとunknownとして扱われてしまい、メソッド等を呼び出せなくなってしまう。

const foo = <T>(arg: T) => {

  arg.
  // メソッドにアクセス出来ない

  return { value: arg };
}

型制約があると

const foo = <T extends string>(arg: T) => {

  arg.toUpperCase()
  // メソッドにアクセス出来る

  return { value: arg };
}


関数Genericsのextendsによる型の絞り込み

Union Typesでstringまたはnumber等の場合、以下のように上手く扱えなくなるケースが出てくる。

const foo = <T extends string | number>(arg: T) => {

  arg.toUpperCase
  // プロパティ 'toUpperCase' は型 'string | number' に存在しません。
  // プロパティ 'toUpperCase' は型 'number' に存在しません。

  return { value: arg };
}

そういった時に型の絞り込みを行い対応する。

const foo = <T extends string | number>(arg: T) => {
if(typeof arg === "string") {
  return { value: arg.toUpperCase() };
}

  return { value: arg.toFixed() };
}

型引数がUnion Typesの場合でも型の絞り込みを使うことによって、 関数内でうまく扱える。
ネストされたオブジェクトになっているなど、複雑なUnion Typesの場合でも ユーザー定義のType Guardを使うことによって型解決できる。